桜のケーキ

画像

寒いけれど、めでたく3月になったので、
春らしく桜のケーキを焼きました。
正確には、おとつい桜餡を作っておいて、
昨日の夕食後、ottoしげっちょがじゅのちゃんのお散歩へ出掛けている間にちゃちゃっと作り、
10時半頃に、ちょびっとだけお毒味大会してしまいました。
桜風味のソフトクリ~ム、
道明寺、
クッキー、
ケーキ、
ゼリー、
マカロン、
紅茶、
ハンドクリームに至るまで、
桜のあの匂いが大好きで、
2月からそろそろ作ろっかな~って思ってたけれど、
まだ梅も満開でないのに桜なんて、季節にあわないからな~・・・
なんて思い我慢がまん。^^
でも、結局3月をあと数時間待てずに、桜のケーキをかじってしまいました。~~

画像


売っている餡は、保存料や自然色でない色が入っているので、
この際、餡から作ろうかと思っていた矢先、
週末食べに行く、天才ジェラードラーのお店で教えてもらった、
お菓子用具と材料の専門店へ行ったら、
白のこし餡と砂糖のみの餡が売っていたので、
迷わず買いました。^^
ものすごく手間がはぶけてラッキー♪
あとは、塩漬けの桜の葉っぱ(静岡の)を刻んで、
桜の塩漬け(長年京都のにこだわっている!)を塩抜きして、細かく刻んだものと、
桜リキュールを入れて、まぜまぜ。
色付けは、オリジナルのにおいを消したビートのピューレ。
部屋中、桜の匂いに包まれ、
じゅのちゃんのお散歩から帰宅したottoしげっちょが、
めっちゃ桜の匂いや~!
と、うきうきしていました。^^

桜ってほんと、仕合わせ運んでくれます。^^

画像


画像



生地の中にもたくさん練りこんで・・・
画像



さらに、桜餡のふんころがしを。~~
画像



しっとり焼けました。^^
画像




今回は、春をイメージ。
桜、スミレ、菜の花♪
桜はコーティングの色と、塩抜きの桜。
スミレは、黒人参で作った砂糖。
菜の花は、そのまま菜の花を。^^
画像



黒人参で作ったスミレ色の砂糖❤
画像



画像



夜のお毒味大会。
画像



ottoしげっちょは、お弁当に持って行き、
私は、お昼に3切れも食べてシマッタ・・・。
画像



そして、ショ~~~~ック!なのは、
紫芋のふんころがしケーキを作ったあと、
泡だて器(ホイッパー)を洗っている最中に、
ピン!と、ステンレスの輪が1本切れてシマッタこと
これ、ドイツ時代からず~~~っと使い続けて、22年。
当時、5マルク(約500円、日本の価値だと350円くらい)の安物だけど、
ものすごく!使いやすい大きさで、日本では見かけないサイズ。
泡だて器、用途によって変えるので、いっぱい持っています。
全部ドイツのものだけれど、
機能重視のドイツ製品は、日本の洋菓子界ではな敵いっこないと思っていました。
が・・・。

なぁ~んですか、これは・・・。

画像


左の泡だて器です。↑
道具にものすごく!こだわりのある私なので、
どうせ、気に入らへんかったら絶対使わへんやろけど、
100円なら捨てられてもえぇ~かな思って買うてきてねんけど、
気に入ったもん見つかるまでこれで我慢しとき。
と、ottoが100円ショップで買ってきました。
見た瞬間、大きすぎて使いにくわ、そんなもん!
って、フン!ってしてましたが、
使ってみたら、なかなかではないの!
しばらく、ご機嫌さんで使います。^^
昨夜の桜ケーキもこれで作りました。^^

そして、お菓子も料理も欠かせなかった、
たった5マルクの泡だて器は、
こんな状態になったけれど、捨てません。^^
画像




画像



今日のアルストロメリア。
8日目。^^
画像



ちなみに、桜のケーキは、あと一切れでおしまい。
明日のおやつは、またもやどんなレシピで作ってる?ってほど、
ヘンテコリンな焼き菓子ですが、
ただ今、冷やし中です。^^



*shinoco*